かりん訪問看護ステーションのご紹介

訪問看護を利用できる方は?

    1. 介護保険をご利用の方

介護認定の結果、要支援・要介護状態の方で、主治医が訪問看護を必要と認めた方。

    1. 医療保険をご利用の方

病気や障がいなどにより、在宅療養を送っている方で、主治医が訪問看護を必要と認めた方。

サービス利用までの流れ

保険制度によって、訪問看護のサービス開始までの流れが異なります。

    1. 介護保険サービスを利用しようとする場合

予め市の高齢福祉課で介護保険の申請手続きを行い、要介護認定を受ける必要があります。 通常は申請から1ヶ月以内に認定結果が通知されます。その後に介護サービス内容を相談する相手として、ケアマネジャーを決めます。訪問看護は介護サービスの一環として提供されますので、ケアマネジャーと相談して、訪問看護サービスを受けることができます。

    1. 医療保険が使える方(特定の疾患)や自費の訪問看護を利用する場合

まず最初に主治医やお近くの訪問看護事業者へご相談下さい。主治医が決まっていない場合でも、近隣の診療所で相談することができます。

医療・介護保険制度は複雑です。医療・介護のことでお困りの際には、まずは当訪問看護ステーションへお問い合わせください。

訪問看護の内容は?

かりん訪問看護ステーションでは、次のような看護内容をご提供させていただきます。

病状の観察

  1. 血圧、脈拍、体温測定
  2. 健康状態の観察
  3. 栄養、食事摂取の状態
  4. 療養環境 など

医師の指示による管理・処置

  1. 医療機器やカテーテル等の管理
  2. 床ずれなど創部の処理
  3. 服薬管理・指導
  4. かかりつけ医の指示による処置・検査 など

療養上のお世話

  1. 清潔、排泄のケア
  2. 食事介助、指導
  3. 食生活に対する援助
  4. 寝たきり、床ずれ予防
  5. 日常生活の自立支援 など

ご家族への支援

  1. 病状、介護、日常生活に関する相談、支援
  2. 精神的支援
  3. 介護者の健康管理
  4. 介護用品に関する相談 など

リハビリテーション

  1. 日常生活動作の練習
  2. 介助方法の助言、練習
  3. 福祉用具や住宅改修の相談
  4. 飲み込み、食形態方法の助言
  5. 意思伝達方法の助言、練習、ことばの練習 など